アンチエイジング方法

幼児教育はなぜ必要か??

幼児教育の必要性、幼児教室の選び方などについての情報をお伝えしています。

*

子育ての良くある疑問。学力が上がる子どもの理想の睡眠時間とは?

      2015/04/29

neru

受験などを控えたお父さん、お母さんの多い悩みのひとつに、

「どのくらい子供に睡眠時間を取らせたらいいのか?」というものがあります。

特に受験前は、学習時間を確保するために、子育てに真剣はご両親ほど、深刻な悩みになります。

私自身も学生、受験を経験していますし、今は、サラリーマンで限られた時間を出来るだけ有効に使いたいと思って、これまで自分を使っていろいろ実験しました。3時間睡眠の本を読んで試して、日中眠すぎて仕事にならず、諦めたことなど。。。汗

いろいろ試した結果、効率的に気分よく過ごすためには、私には6時間の睡眠が必要なことが分かり、6時間は確保するようにしています。

それでは、子どものうちはどうなのか?

学力と睡眠時間の相関関係のデータがありますのでご紹介します。

小学5年生の睡眠時間と学力テストの結果相関図(広島県教育委員会調べ)

・睡眠時間4時間 国語の平均点 52点 算数の平均点 53点
・睡眠時間5時間 国語の平均点 62点 算数の平均点 64点
・睡眠時間6時間 国語の平均点 66点 算数の平均点 70点
・睡眠時間7時間 国語の平均点 70点 算数の平均点 74点
・睡眠時間8時間 国語の平均点 71点 算数の平均点 74点
・睡眠時間9時間 国語の平均点 70点 算数の平均点 74点
・  9時間以上 国語の平均点 65点 算数の平均点 68点

このデータを見ると、夜更かしをして睡眠時間が足りない子どもの成績はよくないことが分かります。
7~9時間の睡眠を確保することが、学力向上には適していることも読み取れます。

睡眠時間がどのくらい必要かには、個人差もありますので、この時間の中で試して、自分の子どもに合ったベストの睡眠時間を一緒に探してあげましょう。
ben
また、睡眠時間を調整して出来た時間をどのように使うかも学力を上げるためには非常に重要です。

開成、桜蔭などの難関中学合格者の保護者に聞いたアンケートがありますので、ご紹介します。

子どもの学校以外での生活についてのアンケート

・小学6年生の時点で子どもの睡眠時間は平均何時間? 6.2時間

・朝の時間をうまく利用することを心がけたか? はい 92% いいえ 8%

・学力向上のために、登校前に何をさせたか?
宿題、音読、塾のプリント、英会話、苦手科目の克服など

中学受験の追い込み時期ですら、6時間以上の睡眠時間は確保していますね。

また、このことから朝の時間に勉強をさせるという家庭の方針も読み取れます。

睡眠時間は、不足しないようにきちんととり、生活は早寝早起きの朝型にする。そして、脳が活発にはたらく朝の時間を有効活用。

このことが学力をアップさせる有名学校進学への近道のようです。

ブログランキングに参加しています。

下のそれぞれを、1日1回ポチッとクリックして応援頂けますと励みになります。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村


幼児教育 ブログランキングへ

関連注目記事

2年で7歳の娘の英語がぺらぺらになった理由を分析してみた。

ドラキッズの資料請求をして分かった4つのこと

30年以上の英語研究で生み出された英語教育「ストーリーベースカリキュラム」とは?

 

 - 子育ての良くある疑問。学力が上がる子どもの理想の睡眠時間とは? , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

関連記事はありませんでした