アンチエイジング方法

幼児教育はなぜ必要か??

幼児教育の必要性、幼児教室の選び方などについての情報をお伝えしています。

*

子育てでよくある間違い。過干渉と過保護は別物なんです。

   

プレゼント

親が甘やかしすぎて、ダメな大人になった人たちってあなたの周りにもいるのではないでしょうか?

私も子育てをしていて、よく悩むことですが、子どもから要求されたことに対して

「どこまで許すか?」

ということです。

子どもの求めることは何でも叶えてあげたい。なんでも買ったあげたい。
という親心はありますが、私がここで考えることは、

子どもが自分で考えているか否か?

ということです。

このことは、過保護と過干渉の違いを見れば、分かりやすいと思います。

過干渉とは、保護者が対象者を一人の主体的な人間として認めず、その子供の意思や思考、自我の発達や自主性などを否定して、操り人形のごとく親の意のままにコントロールしようとすることである。

 過干渉は、子どもの意思を否定するため、子ども自身で考える力がつかないんです。

一方、

過保護とは、子供の意思が尊重されすぎ過剰に欲求を満たそうとしたり、被保護者自身に責任のある状況下で責任を肩代わりし過ぎてしまうことである。

過保護は、子どもが考えだしてきた結論に対して、親がその要求を満たすということなので、子ども自身で考えることが生まれています。

私は子どもが何か要求してきた際には、
この観点から「なぜ、iPhoneが欲しいのか?」「なぜ、水泳を習いたいのか?」という具合に質問し、自分でしっかり考え、結論を出すクセ、力をつけるようにしています。

自分が社会にでてよく分かったことですが、

出来る人と出来ない人の違いは、生じた問題に対して、どのような対策をするかを自分の頭で考え、そして実行できるか?

だと思います。

小さいうちから自分で考えるというクセ、力をつけてあげたいものです。

通わせている方も多いと思いますが、幼児教室では、この「自分で考える力」がつくように教育してくれますので、非常におすすめできます。

幼児教室総合ランキング

私が実際に無料体験した際の評価とネットや教育書での口コミを参考にランキングをつけました。
しかし、お子様にあった幼児教育、幼児教室は、お父さん、お母さんが一番分かると思います。

どこの幼児教室も、資料請求、体験は 無料ですので、ホームページを見られて、
お気に入りの幼児教室の資料請求、無料体験に行かれることをおすすめします。

1位 mikihouseの幼児教室
mikihouseの幼児教室 公式サイトはこちら 【基本方針と特長】・がんばる脳(前向きに問題を解決する力)とまるい心(人と気持ちの良い関係を築く能力)を育てる・「先生がよい幼児教室」部門 第1位獲得

・唯一、伊勢丹、三越などの大手百貨店に教室がある

【教室数】

全国 60教室

【月会費】

8,000円(キッズパル)
12,000円(英会話くらぶ)

mikihouseの幼児教室 公式サイトはこちら

2位 ドラキッズ
ドラキッズ 公式サイトはこちら 【基本方針と特長】・あたま、こころ、体をバランスよく育てる・大手、小学館の運営で安心・講師2人が、お子さま一人ひとりの様子や反応を見て、ダブルアシスト。

・幼稚園教諭や保育士の経験があり、小学館アカデミーの研修を経た幼児教育専任講師が担当。

【教室数】

全国 226教室

【月会費】

5,500円~6,500円(総合コース)
6,000円~8,500円(英語コース)
7,000円~8,000円(小学生コース)
6,000円(うんどうクラブ)

ドラキッズ 公式サイトはこちら

3位 ベビーパーク
ベビーパーク 公式サイトはこちら 【基本方針と特長】・他の幼児教室と異なり、「ママが生徒」・自宅で実践する育児法

・叱らない、教え込まない教育

【教室数】

全国 200教室

【月会費】

14,700円

ベビーパーク 公式サイトはこちら

4位 めばえ教室
めばえ教室 公式サイトはこちら 【基本方針と特長】・保育士や幼稚園、小学校教諭等の資格を持ったプロ講師による少人数レッスン!・ほめて認めて心と知力を育てる。楽しく夢中になれる教室

・創立35年の歴史と実績があり安心。

【教室数】

全国 250教室

【月会費】

5,800~6,800円

めばえ教室 公式サイトはこちら

 - 子育てでよくある間違い。過干渉と過保護は別物なんです。 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

関連記事はありませんでした