アンチエイジング方法

幼児教育はなぜ必要か??

幼児教育の必要性、幼児教室の選び方などについての情報をお伝えしています。

*

幼児教育とは?

幼児教育

子供を幼児教室に通わせる家庭が、年々増えています。

幼児教室とは、一般に学校教育において、小学校教育より前の段階にある
教育をしてくれるプライベートスクールです。

つまり、小学校入学前から総合教育、英語教育、音楽教育など、

さまざまな教育をお子さんに受けさせている家庭が増えているのです。

 

「そんな早い時期から、特別に教育を受けさせる必要があるの??」

とお思いの方も多いのではないでしょうか?

このサイトでは、幼児教育の重要性や幼児教育のさまざまな情報をお伝えしていきます。

 

幼児教室総合ランキング

 

私が実際に無料体験しての評価と口コミを参考にランキングをつけました。
しかし、お子様にあった幼児教育、幼児教室は、お父さん、お母さんが一番分かると思います。

どこの幼児教室も、資料請求、体験は 無料ですので、ホームページを見られて、
お気に入りの幼児教室の資料請求、無料体験に行かれることをおすすめします♪

1位 mikihouseの幼児教室
mikihouseの幼児教室 公式サイトはこちら 【基本方針と特長】・がんばる脳(前向きに問題を解決する力)とまるい心(人と気持ちの良い関係を築く能力)を育てる

・「先生がよい幼児教室」部門 第1位獲得

・唯一、伊勢丹、三越などの大手百貨店に教室がある

【教室数】

全国 60教室

【月会費】

8,000円(キッズパル)
12,000円(英会話くらぶ)

mikihouseの幼児教室 公式サイトはこちら

2位 ドラキッズ
ドラキッズ 公式サイトはこちら 【基本方針と特長】・あたま、こころ、体をバランスよく育てる

・大手、小学館の運営で安心・講師2人が、お子さま一人ひとりの様子や反  応を見て、ダブルアシスト。

・幼稚園教諭や保育士の経験があり、小学館アカデミーの研修を経た幼児教育専任講師が担当。

【教室数】

全国 226教室

【月会費】

5,500円~6,500円(総合コース)
6,000円~8,500円(英語コース)
7,000円~8,000円(小学生コース)
6,000円(うんどうクラブ)

ドラキッズ 公式サイトはこちら

3位 ベビーパーク
ベビーパーク 公式サイトはこちら 【基本方針と特長】・他の幼児教室と異なり、「ママが生徒」

・自宅で実践する育児法

・叱らない、教え込まない教育

【教室数】

全国 200教室

【月会費】

14,700円

ベビーパーク 公式サイトはこちら

4位 めばえ教室
めばえ教室 公式サイトはこちら 【基本方針と特長】・保育士や幼稚園、小学校教諭等の資格を持ったプロ講師による少人数レッスン!

・ほめて認めて心と知力を育てる。楽しく夢中になれる教室

・創立35年の歴史と実績があり安心。

【教室数】

全国 250教室

【月会費】

5,800~6,800円

めばえ教室 公式サイトはこちら

公開日:
最終更新日:2015/01/31